サロンでヘアケアをするメリットは?

プロにおまかせ!自分にあったヘアケアをみつけよう

サロンを使うデメリット

汚れをきちんとおとすということ

日々のケアと一言でいっても、お風呂場でシャンプーをするという行為は当たり前のことであり、他と比べること自体ほとんどないのではないでしょうか?
正しい洗い方、やってはいけない洗い方があるのもご存じない方がいるかもしれません。
例えば、ほとんど無意識のうちに爪をたててガシガシと洗う人は結構いると思います。しかし、これはNGなのです。
刺激をあたえることで、自分でしっかり洗い上げた爽快感はえられるかもしれませんが、頭皮を傷つけてしまう可能性があります。
根元を中心に泡で洗うのがベストなのです。また、髪自体はお湯シャンといって湯のみでしっかりと洗うことで60%以上の汚れはほとんど洗い流せることが分かっています。

髪質にあったヘアケア用品

自分の髪質は、なんとなく「はねやすいし、雨の日はまとまりにくくなるなぁ」等と、分かっている人もいますが実はあまり意識することなく、惰性でいつものケアをしている人も案外いるのではないでしょうか。
サロンのスタイリストさんは、髪質の診断から行って最適のケアの仕方やスタイリング製剤の選択の仕方など、カウンセリング的な役割も担ってくれています。
なぜまとまらないのか、うねってしまうのか、普段の自分のケアの仕方やブローの仕方などひとつひとつ疑問にこたえてくれます。
お金をかければきれいになるのは当たり前のことではありますが、今後の自分のスタイリングの仕方や、自宅でのケアの方法などプロの技を教えてくれる場所でもあるのです。


この記事をシェアする